忍者ブログ
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 □ 未来政治塾一期卒塾に際して     

早いもので1年が経過し、未来政治塾を卒塾致しました。
毎回「何か一つでも持って帰る!」と意気込んで、12回の講義全てに通塾出席させて戴きまして、大いに学びました。

拍手[5回]

PR

 □ 未来政治塾     




本日、未来政治塾の最終講義に出席してまいりました。

拍手[3回]

 □ 未来政治塾     

未来政治塾第11回講義が草津にて行われました。
ポイ捨て禁止条例・駅頭禁煙エリア条例化完了済みは滋賀県ではデフォルトであります。

拍手[3回]

 □ 未来政治塾     

滋賀県未来政治塾の第10回目の講義に出席してまいりました。
衆院選直前の日本未来の党代表就任や、その後の衆院選についてなど情報交換。
現場サイドでの情報交換は生きた情報が多く、大いに勉強になりました。

拍手[2回]


 □ 小沢・嘉田連合 脱原発で100人超え     

 正真正銘の第三極が発足する。滋賀県の嘉田由紀子知事(62)が「脱原発」を旗印とする新党結成を27日午後にも表明。新党名は「日本未来の党」になる見通しだ。小沢一郎の「国民の生活が第一」や「みどりの風」、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」も合流を検討している。共闘が実現すれば、維新の会を凌駕する一大勢力になるのは間違いない。


ソース:http://gendai.net/articles/view/syakai/139829

拍手[3回]


 □ 平成24年11月16日21時~22時     

新スマホ届いた!→MBSラジオの「報道するラジオ」に嘉田知事が!→早速新スマホで聴こう!→便利に成ったものだ・・・


そんな訳で、衆院選突入を受けての放送でしたが、「関西のことを真剣に考える、国政者」を述べておられました。とりわけ、原発問題について多くの時間が割かれてました。


私としても、地方政治力向上こそ日本を前にすすめることに繋がると信じております。嘉田知事の「地方から」は、全国の政治塾が国政に焦点を当てている中でとても現実的な視点だと共感します。


と、申しつつ、新スマホのセッティングに躍起になっております(笑)

拍手[2回]

  第八回未来政治塾     

早いもので、未来政治塾講義も第八回目を迎えました。
今日はそのレポートと私の主張を述べたいと思います。

拍手[2回]



 □ 第七回未来政治塾     



今年の4月に始まった未来政治塾も早いもので折り返しです。

第七回は日本の自然と環境を活かした地産地消のエネルギー政策と原発への依存から卒業する"卒原発"への道として、環境・エネルギー政策。



特に今話題になっている脱原発部分が議論されました。



今回会場は高島市

京都から湖西線で約40分程かかる所にあります。

右を見れば琵琶湖、左を見れば蓬莱山と、環境のとても良い所でした。

特に、太陽光発電パネルを設置している一般家屋が多く見受けられまして、高島市の太陽光発電補助の有効活用の在り方が伺えます。



東大阪市でも同様の太陽光発電補助政策は行われています。

高島市よりも上限が多く、是非に市民の皆様にも有効活用していただきたいですね。



拍手[2回]

 □ 第六回未来政治塾講義     

今回の未来政治塾は草津にて行われました。
草津駅周辺は路上喫煙禁止条例区域でして、駅周辺施設までの路上は綺麗そのもの。
環境を大切にする市政が見て取れます。東大阪市では路上喫煙禁止条例は・・・(ry


さて、今回は雇用ということで、特に私は社会福祉法人の理事という立場からも障がい者雇用についてしっかりと訊きたいところ。


つづきはこちら


拍手[2回]

プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]