忍者ブログ
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第三回スマートフォン教室の予習をしております。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


スマートフォンはとても便利です。
スマートフォンで出来ない事を探す方が難しい位です。
しかし、使いこなすことが出来なければ、ただの高価な文鎮です。
せっかくの最先端情報端末。キッチリ使いこなして一歩先のデジタルライフを楽しみましょう!


そんなわけでスマートフォン教室の三回目。
テーマは「維持費について」です。


本日、iPhone4Sが発売になりました。
各TV局でもバンバンニュース動画を流しています。
そんなiPhone4Sですが、iPhone4との違いはCPUがA4→A5になった位で、メモリは512MBということが確定してしまいました
しかもA5コアプロセッサの処理速度は80%に抑えこまれています。


このことから、iPhone4を持っている人は4Sに変えてもメリットは薄く、逆にiPhone3や3GSを持っている人は変えるメリットがあると言えます。



iPhone4Sの各社の月間維持費は、



ソフトバンク



AU


で、ソフトバンクが月々5,705円。(最安)
AUが月々6,275円です。(最安)
ここに通話料金やアプリ購入(iOSには無料アプリが少ない)がかかってきますので、7000円~8000円は見ておかねばなりません。


しかも2年縛りをモロに喰らいますので、iPhone4Sを購入した場合はiPhone5に乗り換える際に余計な出費が掛かります。
この辺を加味しますと、現在iPhone4を持っている人はiPhone5を待った方がいいのです。




しかし、毎月7000円~8000円もの維持費を計上していきますと、年間で約90,000円近い出費になります。
端末代金が加算される場合、年間で約120,000円。2年間で約240,000円の出費となりまして、これはかなりブルジョワな通信コストと言えます。
昨日、私が申し上げたプランでは、docomo・・・880円+イオン・・・980円=合計・・・1860円です。
では、月額1860円と月額7,000円~8,000円の間にある違いとはなんなのでしょうか?
そこがスマートフォン教室三回目のポイントです。


私のプランとの比較をしますと、


川口プラン年間維持費…22,320円
川口プラン2年間維持費…44,640円


一般的なスマートフォンの年間維持費…90,000円
一般的なスマートフォンの2年間維持費…180,000円


年間差額…67,680円
2年間差額…135,360円


となります。
従って、一般的なスマートフォンの維持費は川口プランから見れば狂気の沙汰と言えます。
出来ることに何の違いが生じるのか?そこを紐解いてみましょう。


先ず、川口プランと一般的なスマートフォンプランでは通話料金は同額です。
従って、通話料金に関してはdocomoやAU、ソフトバンクでも大体月額980円で済ませる事ができます。
よく通話をする場合は、willcomの1000円プランを追加して10分通話500回掛け放題を追加するのも一つの手です。


差が出てくるのは、インターネット使用料金なのです。
docomoやAU、ソフトバンクではインターネット使用料金で大体月額5,000円~6,000円程掛かります。
これが非常に高く、ここをゴッソリと省く事がポイントになります。
すなわち、川口プランではインターネット使用料金が月額980円なので、この部分が要点になるのです。


但し、デメリットがあります。
月額980円に抑え込めるのですが、通信速度が貧弱で動画サイト閲覧は厳しいです。
イオンSIMで出来るのは現実的に見て、メール・インターネット閲覧・カーナビ使用位です。
従って、アプリのダウンロードや動画サイト閲覧は自宅のWi-Fiで行うことが前提になってきます。
幸いに、2000円位でWi-Fi発生をさせる装置を買えますので、自宅のインターネット回線にこの装置を咬ませば無料で高速無線インターネットが使い放題になります。
つまり、980円プランでは、動画サイト閲覧やアプリダウンロード等は自宅で行い、出先ではメール送受信・インターネット閲覧・カーナビ使用と制限が掛かってしまうのがポイントです。


ただ、一般的なスマートフォンの使い方をしている人を観ていますと、980円プランの使い方しかしていない人が圧倒的に多いので、どうして毎月5,000円~6,000円程のインターネット通信コストを支払っているのか分からない、というのが私の見解です。
行政のお金の遣い方にも言えることではありますが。


デメリットその2は、イオンSIMの場合はインターネット専用機としてスマートフォンを遣わなければならなくなること(通話はガラケーになる)と、対応しているスマートフォン機種でないと使えないということです。
ただ、SIMフリーの端末を安く仕入れてきて、そこに挿し込むと大抵は通信可能になるので、





こういうのを買ってきて、各キャリアのショップに持って行ってSIMロック解除をしてもらえば大抵が使えてしまうということです。
では、docomoで現行最強のスマートフォンのGalaxyS2を36,800円で買ったとして、川口プランに当てはめますと・・・


川口プラン年間維持費…59,120円
川口プラン2年間維持費…81,440円



となります。
この利点は2年縛りを回避出来ること。2年経過してしまえばMNPの対象にしてしまえることが挙げられます。
そして、デュアルSIMアダプタを咬ませば、通話SIMとネットSIMの併用が可能になるという点です。


こういった方法を少し変えるだけで、かなりの節約に繋がります。
が、ハッキリ申しますと面倒くさいんですよね。
だから、年間差額67,680円を支払ってしまうんです。それでいいのか悪いのか?については議論の余地が残されますが、私が申し上げたいのは同じ事やるのに一手間掛けるだけでコスト削減が実現出来るのに、どうしてそうしないんだろう?ということです。
行財政改革についても同じで、一手間掛ければ数百億円のコスト削減は一瞬で可能なのですが・・・どうもそれは世間一般の考え方では無いようです。
今回の選挙でそのことを痛感しましたから、一般的な考え方で行くと、年間90,000円を支払う方がいいのかもしれません。

拍手[1回]

PR
選挙も終わって、9月に出来なかった第三回スマートフォン教室を10月末に行いたいと考えております。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


スマートフォン業界も、au by KDDIからiPhone4S発売を皮切りに賑やかになって来ました。
今後はますますスマートフォン購入者が増えていき、こういったスマートフォンの使い方やアプリの紹介、便利な活用法等を教えるスマートフォン教室が増えていくことでしょう。
東大阪では、瓢箪山駅近くのキューたんステーションにて月一回、川口が行なっております。
東大阪の方も、そうでない方も。
スマートフォンの基礎知識から、使い方。一歩進んだ活用法等をスマートフォン教室にて行なっていきたいと思います。
是非、ご参加下さいませ。


第一回スマートフォン教室 詳細
第二回スマートフォン教室 詳細


第一回では、スマートフォンの基礎知識と題して、スマートフォンで出来ることについてやらせて戴きました。
第二回では、スマートフォンの種類と題して、スマートフォンの仕組みについてやらせて戴きました。


続く第三回では、スマートフォンの維持費についてやりたいと思います。



例としまして、私の使っている東芝のT-01Aの月間維持費は880円です。
キャリアはdocomo。
無料通話が1000円ついて、2ヶ月繰越を使っています。
インターネットは、Wi-Fiのみで運用しているので、無料ですが、いつでもどこでもインターネットが使える訳ではないので、そこがネックです。


そこで、イオンSIMカードを月額980円プランで購入し、インターネットし放題にしておきます。
イオンSIMカードはT-01Aに挿しておき、docomoのSIMカードは昔使ってたガラケーに挿しておきます。
スマートフォンを完全にインターネット用途として割り切ることで、2台持ちになりますが、ネック
となる電池の持ちの悪さをガラケーで補うのでとても楽になります。


すなわち、月額維持費は・・・
docomo・・・880円
イオン・・・980円
合計・・・1860円

となります。


第三回スマートフォン教室はこういったお話です。


一般的にみて、スマートフォンは便利ですがその維持費がとんでもなく高いです。
どのキャリアも「実質無料」というウソをついて顧客を囲い込み、毎月毎月高額な維持費を請求してきます。
大体、月に7000円~8000円位かかっている人が大半です。
一番安いスマートフォンのiPhone4でも、月額5000円近くかかってしまいます。
そうなると、年間で最低60,000円の通信費が掛かりますし、有料アプリを買い込めばそのぶんだけ余計に出費がかさみます。


それをどのように考えるか?
そこを第三回スマートフォン教室で皆さんと考えたいと思います。

拍手[2回]

東大阪新風会代表:川口やすひろの東北支援ボランティア報告記事はこちらです。


9月25日告示・10月2日投開票の東大阪市議会議員選挙の立候補予定者一覧はこちらです。




【告知】
7月31日から私も所属しております、鳩まめ倶楽部様にて『東大阪市民のねがい』の特番が始まりました!
東大阪の日常生活で、あなた自身が体験し、「なんでやろ?」と思われたことをドシドシお寄せ下さい。今秋の東大阪市議会選・市長選のW選挙の予定候補者に回答して戴きます。勿論、私も真正面から回答させて戴きます。私のルールとして、『予算が無いから』をNGワードに据え置き、『代替案:alternative』を提案して投げかけさせて戴きます。
是非、市民の皆様のご意見をお寄せ下さい!!
追記:『私はこう思う』意見交流コーナーが始まりました!市民の皆様の活発な議論に私も参加させていただいております!!



本日、第二回スマートフォン教室を実施致しました。
参加者も前回の3人から4人になりました。


今回はスマートフォンのOS(基幹システム)の種類について。
iOS・Android・windowsMobile/Phoneについて講義させて戴きました。


色んな種類があるけれど、『iPhoneを買っておけば間違いない』という軸から、Androidには当たり外れがあるから要注意とか。そういった具合です。


次回は選挙を挟むので10月に第三回を予定しています。
スマートフォンの月額維持費について。
帯域制限も現実味を帯びてきているので、月額7000円も8000円も払わなければならんのか?をテーマにします。


■NTTドコモ
<フィーチャーフォン、スマートフォン、パソコン向けデータ通信プラン>
実施条件:当日を含む直近3日間のパケット通信量が300万パケット以上
実施期間:詳細は回答できないものの、直近3日間の利用状況やネットワークが混雑している時間・場所によって期間を定めず一時的に制御
<Xiデータ通信>
実施条件:当日を含む直近3日間のデータ通信量が約380MB以上
実施期間:詳細は回答できないものの、直近3日間の利用状況やネットワークが混雑している時間・場所によって期間を定めず一時的に制御

■KDDI
<スマートフォン>
実施条件:前日までの(=当日を含まない)直近3日間のパケット通信量が300万パケット以上
実施期間:24時間
備考:「htc EVO ISW11HT」などでモバイルWiMAXを利用した通信は含まず
<フィーチャーフォン>
実施条件:前々月に300万パケット以上
実施期間:21時~翌1時

■ソフトバンクモバイル
<スマートフォン>
実施条件:前々月の月間パケット数が1000万パケット以上
実施期間:1ヶ月間
<フィーチャーフォン>
実施条件:前々月の月間パケット数が300万パケット以上
実施期間:1ヶ月間
<パソコン向けデータ通信プラン>
実施条件:前々月の月間パケット数が3000万パケット以上(自社ネットワーク利用時)
実施期間:1ヶ月間

■イー・モバイル
<全プラン>
実施条件:24時間ごとに300万パケット以上
実施期間:当日21時~翌日2時
備考:ウェブや動画の閲覧、VoIPなどについてはユーザーの利便性を考慮して利用上影響がない程度に制御を実施

■UQコミュニケーションズ
<モバイルWiMAXサービスの全プラン>
サービス開始当初から現在まで帯域制限を実施せず



と、ますます携帯電話に掛けるオカネが増えて行きそうです。
主軸になるのはイオンSIM(月額980円)
docomoの回線を月額980円で使用して、通話はガラケーで行う。
厳密に言えば、スマートフォンに980円SIMを入れてインターネットし放題・willcomで無料通話し放題が結論点です。


そして、スマートフォン教室を終えて会合に出席していたのですが、どうにも身体がダルイ・・・
昨日の夜サムかったからなーと思ってたらますます悪化したので、会合終了後に一旦帰宅して体温計で測ってみると・・・



まさかの39.9度


このあとキッチリと40度を超えてしまい、一気に体調不良に。
申し訳ありませんが、そんな経緯で本日の街頭演説は中止させて戴きました。
明日には治して瓢箪山駅頭で立ちたいですね。

拍手[1回]

第二回スマートフォン教室の資料です。
ご参考下さいませ。




第二回ではスマートフォンの種類についてやっていこうと思います。
スマートフォン値下がり 新品0円、中古4割安もという記事が踊り、docomoでは目指せ700万台体制に入っているスマートフォン業界。
使いこなせば使いこなすほど利便性が増し、入手できる情報が増えるスマートフォン。
その種類についての講習です。


日本のスマートフォンでは3つのOSの種類があります。
メジャーなのはiOSというApple社作成のもので、iPhone等に使われているもの。初心者向け。
AUやdocomoではAndroidというGoogle社が作成したもので多くの機種が出ています。中級者向け。
最後に、WindowsMobile/Phone系列。日本ではマイナーですが完成度が極めて高いです。上級者向け。





iOS(iPhoneやiPod touchの特徴)初心者向け。

◎ ブランド価値がある。デザインが秀逸
◎ 新規で買っても安い。維持費も安い
◎ 動作がサクサクヌルヌル
☆ 女の子にモテる
○ アプリケーションが豊富
○ PC知識がなくても感覚で操作出来る
○ iTunesで一括管理が出来る
○ ウイルス感染リスクが少ない(ゼロではない)
△ 保障に難有り
△ バッテリー交換不可
△ SoftBank回線が貧弱(海外SIMフリー版(6万円)でdocomo対応)
☓ 脱獄(Jailbreak)しないと8割使えない
☓ サードパーティのアプリが使えない
☓ カスタマイズの自在性が無い
☓ Flash未対応
☓ 外部ストレージ使用不可(microSDHC32GB:4000円等)


私が『スマートフォンって何を買えばいいの?』と訊かれれば即座に、『iOS(iPhoneやiPod touch)を購入すると良いですよ』と答えます。
システムの完成度の高さ。
初心者にもわかりやすいインターフェース。
何よりも、ブランド価値や流行的な意味でもiPhoneをおすすめしています。
が、iPod touchではダメですか?と言う質問もします。
究極的に言えば、iPod touchで十分なのです。が、どーしてもと仰る方にはiPhoneをおすすめしています。
SIMフリー版を買えばdocomoでも使えるのも魅力(しかし通信代がハネあがりますが)
AndroidよりもiOSをおすすめする最大の理由は、初心者向けだからです。




 
androidの特徴。中級者向け。

◎ 多種多様な機種を選択できる
◎ 高スペック機種を使うことが出来る
◎ カスタマイズが容易で自分好みに変更可能
◎ 良いアプリも無料のものが多い
◎ 中古型落ち機種が無茶苦茶安い
◎ rootが直ぐに取れる
○ Update頻度が多い
○ アプリケーションが豊富
○ バッテリー交換可能
○ WiMAXスマホ等、今後の成長が期待出来る
○ PCから取り込んだファイルをそのまま使用可能
○ 外部ストレージ使用可能(microSDHC32GB:4000円等)
△ 機種が多いので直ぐに新機種が出る(Galaxy的な)
☓ ウイルス感染リスクがある
☓ ある程度の知識が無いと使いこなせない
☓ バッテリーの持ちが悪い
☓ 新規で買うとバカ高い


Androidは機種が多彩なので勧める場合はGalaxySⅡ一択をおすすめしています。
他の機種はおすすめしていません。AndroidならGalaxySⅡ一択です。
それほどにスペックが高く、コストパフォーマンスが良い機種だからです。
AUならば、INFOBARがいいとおもいます。初心者向けAndroidスマートフォンです。
iPhoneはiPhone一種類しかないので、そういった手間が省けるのです。
Androidには、外れ機種をつかむ可能性があるため、おすすめしないのです。
そのかわり、いい機種でも値崩れが激しく、半年も経てば恐ろしいくらい安く購入できます。





WindowsPhoneの特徴(WindowsMobile/WindowsPhone7)上級者向け。

◎ 世界シェアNo1のOSに基づいている
◎ Windowsとの親和性が極めて高い
◎ アプリが洗練されている
◎ レジストリ編集が容易
○ バッテリー交換可能
○ PCから取り込んだファイルをそのまま使用可能
○ Word・Excelに強い
○ 外部ストレージ使用可能(microSDHC32GB:4000円等)
☓ 日本ではシェアが少ない
☓ ある程度の知識が無いと使いこなせない
☓ 最新のアプリリリースが無い


最後にWindowsMobile/Phoneです。
全世界のパソコンで最も多く動いているOSであるWindowsをベースに作成されたもので、パソコンとの親和性が極めて高く、使いこなせば最強のスマートフォンです。
ただし、日本でのシェアは低く、たいていの技術的情報は英語サイトになってくるので、一切おすすめはしません。(そもそもWindowsMobileやPhoneを使っている方はこういったスマートフォン教室に参加する必要がない方ばかりなので)
高度な知識を要求してくる反面、その性能をフルに引き出して活用することが出来るため、マニアックな部分があります。
私が今使っているスマートフォンはT-01AというWindowsMobileのもの(2009年6月発売)ですが、iPhone化することも可能ですし、Androidを起動することも可能と言った、まさにいいとこ取りな機種です。
唯一の弱点は、WindowsPhoneシリーズの発売が遅れていることですね。


簡単にまとめてみましたが、要約しますと【初心者向けのiPhoneが一番手堅い】と言うことです。
敢えて性能や機能を落とすことで、初心者にも触りやすくとっつきやすいのがiPhoneです。
この秋か冬にはiPhone5も出るだろう(10月7日発売?)と言われてますし、通信費用も安い、本体代金も2年縛りで安いと良い所ばかりです。


<参考>

ドコモ・・・ 2年間維持費 20万4720円

3万円出して端末(GalaxyS/REGZAPhone)購入して
月額料金 合計7,280円 (基本料980円+315円+パケホ5985円)


ソフトバンク(iPhone4 16GB)・・・・2年間維持費 13万6920円

端末代0円
月額料金 合計5,705円 (ホワイト基本料980円+315円+パケホ4,410円)
(※ソフトバンク同士は1時~21時話し放題)




従って、Q:スマートフォンってどれを買えばいいの?に対してはA:iPhoneが初心者向けでいいですよと言うことです。

拍手[1回]

東大阪新風会代表:川口やすひろの東北支援ボランティア報告記事はこちらです。


【告知】
  ダウンロード(pdf)
第二回スマートフォン教室を開催致します!!
第一回同様に、瓢箪山地域まちづくり協議会様のキューたんステーションにて行います。
2011年8月20日(土) AM10:00~正午です。参加費無料!!
スマートフォンを現在使っている方、積極的に購入を検討しておられる方を対象に、第二回はスマートフォンにできることやスマートフォンの種類について講習させていただきます。


【告知】
7月31日から私も所属しております、鳩まめ倶楽部様にて『東大阪市民のねがい』の特番が始まりました!
東大阪の日常生活で、あなた自身が体験し、「なんでやろ?」と思われたことをドシドシお寄せ下さい。今秋の東大阪市議会選・市長選のW選挙の予定候補者に回答して戴きます。勿論、私も真正面から回答させて戴きます。私のルールとして、『予算が無いから』をNGワードに据え置き、『代替案:alternative』を提案して投げかけさせて戴きます。
是非、市民の皆様のご意見をお寄せ下さい!!


第二回スマートフォン教室の資料も作成中です。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


第二回ではスマートフォンの種類についてやっていこうと思います。
スマートフォン値下がり 新品0円、中古4割安もという記事が踊り、docomoでは目指せ700万台体制に入っているスマートフォン業界。
使いこなせば使いこなすほど利便性が増し、入手できる情報が増えるスマートフォン。
その種類についての講習です。


日本のスマートフォンでは3つのOSの種類があります。
メジャーがなのはiOSというApple社作成のもので、iPhone等に使われているもの。初心者向け。
AUやdocomoではAndroidというGoogle社が作成したもので多くの機種が出ています。中級者向け。
最後に、WindowsMobile/Phone系列。日本ではマイナーですが完成度が極めて高いです。上級者向け。



iOS(iPhoneやiPod touchの特徴)初心者向け。

◎ ブランド価値がある。デザインが秀逸
◎ 新規で買っても安い。維持費も安い
◎ 動作がサクサクヌルヌル
☆ 女の子にモテる
○ アプリケーションが豊富
○ PC知識がなくても感覚で操作出来る
○ iTunesで一括管理が出来る
○ ウイルス感染リスクが少ない(ゼロではない)
△ 保障に難有り
△ バッテリー交換不可
△ SoftBank回線が貧弱(海外SIMフリー版(6万円)でdocomo対応)
☓ 脱獄(Jailbreak)しないと8割使えない
☓ サードパーティのアプリが使えない
☓ カスタマイズの自在性が無い
☓ Flash未対応
☓ 外部ストレージ使用不可(microSDHC32GB:4000円等)


私が『スマートフォンって何を買えばいいの?』と訊かれれば即座に、『iOS(iPhoneやiPod touch)を購入すると良いですよ』と答えます。
システムの完成度の高さ。
初心者にもわかりやすいインターフェース。
何よりも、ブランド価値や流行的な意味でもiPhoneをおすすめしています。
が、iPod touchではダメですか?と言う質問もします。
究極的に言えば、iPod touchで十分なのです。が、どーしてもと仰る方にはiPhoneをおすすめしています。
SIMフリー版を買えばdocomoでも使えるのも魅力(しかし通信代がハネあがりますが)
AndroidよりもiOSをおすすめする最大の理由は、初心者向けだからです。


 
androidの特徴。中級者向け。

◎ 多種多様な機種を選択できる
◎ 高スペック機種を使うことが出来る
◎ カスタマイズが容易で自分好みに変更可能
◎ 良いアプリも無料のものが多い
◎ 中古型落ち機種が無茶苦茶安い
◎ rootが直ぐに取れる
○ Update頻度が多い
○ アプリケーションが豊富
○ バッテリー交換可能
○ WiMAXスマホ等、今後の成長が期待出来る
○ PCから取り込んだファイルをそのまま使用可能
○ 外部ストレージ使用可能(microSDHC32GB:4000円等)
△ 機種が多いので直ぐに新機種が出る(Galaxy的な)
☓ ウイルス感染リスクがある
☓ ある程度の知識が無いと使いこなせない
☓ バッテリーの持ちが悪い
☓ 新規で買うとバカ高い


Androidは機種が多彩なので勧める場合はGalaxySⅡ一択をおすすめしています。
他の機種はおすすめしていません。AndroidならGalaxySⅡ一択です。
それほどにスペックが高く、コストパフォーマンスが良い機種だからです。
AUならば、INFOBARがいいとおもいます。初心者向けAndroidスマートフォンです。


私が機種変更したいなと考えているスマートフォンは、上記画像のPantech社のVega No.5という機種。
こちらもAndroidスマートフォンです。
iOSがAppleの独占販売に対して、Androidは多くのメーカーが機種を作成販売しています。
その為、いい機種とわるい機種の区分が発生し、当たり機種と外れ機種を判別しないといけません。
iPhoneはiPhone一種類しかないので、そういった手間が省けるのです。
Androidには、外れ機種をつかむ可能性があるため、おすすめしないのです。
そのかわり、いい機種でも値崩れが激しく、半年も経てば恐ろしいくらい安く購入できます。



WindowsPhoneの特徴(WindowsMobile/WindowsPhone7)上級者向け。

◎ 世界シェアNo1のOSに基づいている
◎ Windowsとの親和性が極めて高い
◎ アプリが洗練されている
◎ レジストリ編集が容易
○ バッテリー交換可能
○ PCから取り込んだファイルをそのまま使用可能
○ Word・Excelに強い
○ 外部ストレージ使用可能(microSDHC32GB:4000円等)
☓ 日本ではシェアが少ない
☓ ある程度の知識が無いと使いこなせない
☓ 最新のアプリリリースが無い


最後にWindowsMobile/Phoneです。
全世界のパソコンで最も多く動いているOSであるWindowsをベースに作成されたもので、パソコンとの親和性が極めて高く、使いこなせば最強のスマートフォンです。
ただし、日本でのシェアは低く、たいていの技術的情報は英語サイトになってくるので、一切おすすめはしません。(そもそもWindowsMobileやPhoneを使っている方はこういったスマートフォン教室に参加する必要がない方ばかりなので)
高度な知識を要求してくる反面、その性能をフルに引き出して活用することが出来るため、マニアックな部分があります。
私が今使っているスマートフォンはT=01AというWindowsMobileのものですが、iPhone化することも可能ですし、Androidを起動することも可能と言った、まさにいいとこ取りな機種です。
唯一の弱点は、WindowsPhoneシリーズの発売が遅れていることですね。


簡単にまとめてみましたが、要約しますと【初心者向けのiPhoneが一番手堅い】と言うことです。
敢えて性能や機能を落とすことで、初心者にも触りやすくとっつきやすいのがiPhoneです。
この秋か冬にはiPhone5も出るだろうと言われてますし、通信費用も安い、本体代金も2年縛りで安いと良い所ばかりです。


従って、Q:スマートフォンってどれを買えばいいの?に対してはA:iPhoneが初心者向けでいいですよと言うことです。

拍手[1回]

東大阪新風会代表:川口やすひろの東北支援ボランティア報告記事はこちらです。


  
東大阪新風会代表:川口やすひろのWebチラシ第一弾!


  
東大阪新風会代表:川口やすひろのWebチラシ第二弾!


【告知】
  ダウンロード(pdf)
第二回スマートフォン教室を開催致します!!
第一回同様に、瓢箪山地域まちづくり協議会様のキューたんステーションにて行います。
2011年8月20日(土) AM10:00~正午です。参加費無料!!
スマートフォンを現在使っている方、積極的に購入を検討しておられる方を対象に、第二回はスマートフォンにできることやスマートフォンの種類について講習させていただきます。


【告知】
7月31日から私も所属しております、鳩まめ倶楽部様にて『東大阪市民のねがい』の特番が始まりました!
東大阪の日常生活で、あなた自身が体験し、「なんでやろ?」と思われたことをドシドシお寄せ下さい。今秋の東大阪市議会選・市長選のW選挙の予定候補者に回答して戴きます。勿論、私も真正面から回答させて戴きます。私のルールとして、『予算が無いから』をNGワードに据え置き、『代替案:alternative』を提案して投げかけさせて戴きます。
是非、市民の皆様のご意見をお寄せ下さい!!


第二回スマートフォン教室のチラシが出来上がりました。
例によって無料で使えるオープンソースのOpenOffice.orgのDrawにて作成しました。
Adobe社のPhotoshopやIllustratorシリーズと違い、かなりシンプルな出来上がりですが、派手な画像効果を使っていない分、分り易く作成させていただきました。


  ダウンロード(pdf)
第二回スマートフォン教室のチラシ


前回は巧く進行出来ませんでしたが、第二回目こそはそのリベンジです!
スマートフォン教室と言っても、何も使いこなし方の説明だけではありません。
Q&Aコーナーを設け、普段使っている中でのトラブル相談や、もっとこういうことができないものか?と言った相談もOKです。
購入検討中の方には、使用用途や適切な機種、キャリアの選定などをご解説致します。
スマートフォンという新時代の技術に興味があり、積極的にその新時代の技術を導入しようとされておられる方!
是非、ご参加下さい。
講習費用は無料です。


ちょいと、7月の街頭演説活動の備忘録を。
5日目に導入したスーパーメガホン(ラッパ)にて、単一乾電池を10個使うということにコストパフォーマンス悪いなぁ・・と言うことで、我らの味方:ダイソー乾電池を使ってみた試運転結果。


100円@3個の乾電池を4時間使用して、未だ電池切れなし!



すごいぞ!ダイソー乾電池!!
10年ほど前、岡本準一郎氏との話を思い出すと、ラッパにダイソー乾電池は殆ど使い物にならないので、アルカリ乾電池を使わなければならずムチャクチャ電池代掛かった!と話していたのが嘘のようです。
あれから10年。
ダイソー乾電池のマンガン単一乾電池の持ちは4時間。
仮に4時間MAXと仮定しても、1個33円なので10個330円。
330円で4時間だとかなりコストパフォーマンス高いと思います。
8月の街頭演説でもラッパメインで行うことに決定!
但し、音量だけには留意して行いたいと思います。

拍手[1回]

東大阪新風会代表:川口やすひろの東北支援ボランティア報告記事はこちらです。


<告知>
7月16日(土)午前10時~12時、瓢箪山駅近くのキューたんステーションにて、川口やすひろによるスマートフォン教室が開催されます。
キューたんステーションブログの告知記事
スマートフォンを持っている人もそうでない人も是非、ご参加下さい。



告知の通り、7/16(土)のAM10時~12時に瓢箪山のキューたんステーションにてスマートフォン教室を開催します。
興味のある方は是非ご参加下さい。無料です。



告知チラシ


昨日に続いてスマートフォン教室の告知です。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


さて、昨日はスマートフォンを購入検討中の方に『端末代金5万~6万円、月額5000円~7000円を支払ってでもスマートフォンが欲しいですか?2台持ちではダメですか?この2つをクリアーしたらレッツ、購入!』と言った具合でした。


本日は、既にスマートフォンを持っておられる方向けです。
スマートフォンを持っておられると分かるのですが、致命的なのが『電池が持たない』ことです。
私もあの手この手で電池を如何に持たせるかで苦慮していたものですが、この電池問題だけはどうにもなりません。


ケータイ、iPhone、Android端末のバッテリーを節約する
あたりを参考にしつつ、いい感じでバッテリー節約に取り組むか、電池式充電器を常に持っておくかですね。



3G回線接続時のバッテリー持ち比較表。


Wi-Fi接続時のバッテリー持ち比較表。


上記二つを比較しても分かるように、圧倒的にiPhone優勢です。
しかしこれはiOSの優秀性と、意図的にiOSがそのパワーを抑える性質がある為です。
厳密に言えばandroidやWindowsでも余裕でこのスコアーはたたき出せます。



川口やすひろのT-01A@android(GalaxySⅡ)の場合。


例えば、androidのGalaxySⅡシステムを移植した場合、タスクキラーは勿論ですが直ぐに省エネ設定に切り替えることが出来るようにしておくことで電池の持ちを良くすることができます。
省エネアプリを使うのも一つの手ですね。



川口やすひろのT-01A@android-AU-Styleの場合。


android-AU-Styleの場合ですと、さらに利便性はあがります。
AUの独自UIを改変して省エネ設定を手軽に出来るようにWindows環境でブート。
実現出来る環境下でアプリをインストールしていって、設定。
androidの基本UIはライブ壁紙とかがあるのでそれらをオフにする等の手間がかかりますが、T-01A@android-AU-Styleの場合電池の持ちがGalaxySⅡ-Styleよりもいいみたいです。


この辺もスマートフォン教室でやれたらなーとは思うのですが、不可能ですのでブログ上にて。

拍手[0回]

東大阪新風会代表:川口やすひろの東北支援ボランティア報告記事はこちらです。


<告知>
7月16日(土)午前10時~12時、瓢箪山駅近くのキューたんステーションにて、川口やすひろによるスマートフォン教室が開催されます。
キューたんステーションブログの告知記事
スマートフォンを持っている人もそうでない人も是非、ご参加下さい。



告知の通り、7/16(土)のAM10時~12時に瓢箪山のキューたんステーションにてスマートフォン教室を開催します。
興味のある方は是非ご参加下さい。無料です。



告知チラシ


さて、最近では猫も杓子もスマートフォンスマートフォンと一種の流行アイテムになりつつあります。
私も2010年1月にスマートフォンを購入しました。
私の所有しているスマートフォンは東芝のT-01Aと言う機種です。
当時はandroidもまだ1.5。iPhoneのiOSもSoftBankのみと言う事で手が出せなかったのです。
そこで、WindowsMobile6.5のT-01Aを探していたら、K'sデンキで6500円機種変一括購入のキャンペーンをやっていたので即座に購入しました。



川口の使っているスマートフォン、T-01A


色々使っているウチに、iOSのインターフェースを可能にするアプリが出て、android2.3を動かすROMが出てと、WindowsMobile/iOS/androidが使えるスマートフォンとして重宝しております。


当初、最も悩んだのが、ガラケーとiPod touchの2台持ちという選択です。
正直、スマートフォンにする必要性が無ければ、iPod touchを買ってガラケーと併用するのが最適です。マニアックに攻めるなら、『iPod touch』を『iPhone』にしちゃうアダプター『Apple Peel 520』を使ってiPod touchをiPhoneとして使用するテクニックもあります。


当時、iPhoneが月額維持費3000円位でした。(端末機種代金を差し引いて)
私が使っていたガラケーの月額維持費が2500円位。月500円アップでスマートフォンの利便性を手に入れることが出来るなら、iPhoneの方がいいかな・・と思ってたのです。
が、周囲から猛反対を受けまして(笑)
SoftBankの回線の脆弱性やら色々言われて、その中でもiPod touchとの2台持ちにすればいいじゃないかと。
たしかにそのとおりである、と考え、2台持ちにしようと思ったのですが、そこにT-01Aのキャンペーン情報が。
端末一括購入6500円で、月額維持費が880円でイケるというその低価格の魅力と、docomo回線がその価格で使えるのはとても大きかったので、熟考した挙句T-01Aになりました。


さて、今スマートフォンを検討中の方には、私も葛藤した『2台持ち』を考慮して下さい。
例えば、『ガラケー+iPod touch』とか、『ガラケー+androidタブレット端末』とか。


スマートフォンにすると月額維持費が高くなる場合があります。
docomoでは平均7000円位に。SoftBankでも平均5000円位になります。
docomoでは年間84000円。SoftBankでも年間60000円の出費です。これはあまりにも高額です。
そこに端末代金とかも掛かってくればさらにハネあがります。



iPod touchなら20000円でお釣りが来ます。
androidタブレット端末なら10000円で買えます。


携帯電話の最大のポイントは『電話がどこでも掛けられる』『メールの送受信』です。
そこを考えると、willcomを無料で確保して(2台目)、月500回10分間通話無料プランにすればメールはwillcom回線で無料で出来ます。
その選択肢をもつと、今度はスマートフォンをSIM無しで使用する手段が出てきます。
擬似SIMを入れるとかで機能使用可能にしておいて、スマートフォンの利便性を使うことも一つの選択肢です。
私の場合は、月額通信費はスマートフォンの880円とwillcom(無料)で事足りてますので、実質1000円以下です。


外出先でインターネットを使いたい場合は、東大阪ではWiMAX一択でしょう。
月額2000円でつなぎ放題です。接続確立まで20秒程要しますが、最も現実的な選択だと思います。


で、肝心のおすすめスマートフォン機種ですが。
docomoなら迷わずGalaxyS2一択です。Xperia acroはあまりおすすめしません。
SoftBankなら迷わずiPhone4一択です。9月末の5を待ってもいいと思います。
どうしてもiPhone一択、でもdocomoで使いたい場合は、amazonのiPhone4SIMフリー版を購入するのも一つの選択です。
シムロックフリーのiphone4を購入する方法を参考にしてみて下さい。


私の場合、
PCをめちゃくちゃカスタマイズする人ならandroid
基本的な設定だけしかいじらないならiPhone

と言うスタンスです。
しかも、5万も6万も出して買う必要があるのかどうか?を考えて、iPod touchやandroidタブレット端末を1~2万で購入するのはどうしてもダメか?と最後まで確認します。
それでもどうしても5万も6万も出して、毎月5000円も7000円も出したい!!と強く希望される方には上記に述べた機種をおすすめしています。


もう一つは、Galaxy Sの無印版の新古品を3万以下で購入する選択肢。例:26000円の新古品とか
androidは新古品が比較的安く手に入ります。
値崩れが激しくて、半年前のスマートフォンなら半額以下に下がっています。

そこをゲットすることで、端末一括購入の2年縛りを回避する&購入サポートよりも安く手に入れることを検討します。
残念ながらiPhoneは人気商品で殆ど値下がりしません。
iPhoneを中古で購入するのはあまりおすすめ出来ませんが、androidなら激安価格で新品同様のモノが手に入ります。それを利用するのです。


androidは選択肢の幅が広い反面、とんでもない駄作を掴まされる可能性が高いです。
iPhoneは一択の反面、安定して使うことが出来るでしょう。


第一回のスマートフォン教室ではここまで話せませんが、アンケートを簡単に取ってみて、意見をお訊きしてそこから始めて行きたいと思います。

拍手[1回]

本日は、どーなってる?東大阪 鳩まめ倶楽部様の会議に参加させて戴きました。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


どーなってる?東大阪 鳩まめ倶楽部様は、東大阪市内で興味・関心のあることを、「どうなってる」と、市民グループ“鳩まめ倶楽部”が独自に取材し、情報を提供しています。とHPのトップにあるように、東大阪市のことを詳細に取材され、記事を組んで東大阪の事をもっと市民に知ってもらう為の活動をされておられます。


メインはHPでの取材記事で、動画を使った紹介等を詳細に組んでおられます。
その中で、もっとHPに来てもらいたい、ということでしたので、このブログ記事に色々書いてみます。


HPに来訪される方は大きく分けて


① お気に入り(ブックマーク)から来訪する
② 検索で辿りつく
③ URLアドレスを直接打ち込んで来訪する



の3パターンに分かれます。
その中でも重要視するべきは②の部分でして、検索で来訪される方を増やすこと=もっと多くの人にHPを観てもらうことにつながります。
その部分では、色々な手段があるのですが、例えばカスケードスタイルシート(CascadeStyleSheet:CSS)を使ったサイト構築を利用して検索キーワードをサイト内部に埋め込んでいく手法があります。
他には、RSS(アールエスエス:Rich Site Summary)を使ってHPの更新状況を自動通知していくことで検索キーワードに引っ掛かり易くする手法などもあります。


見易く、表示も高速なサイトが好まれたのは、インターネット回線が遅かった時代の名残でして、そういう意味では私のオフィシャルサイト等は凄まじく軽い構文で作成されております。(手抜きとも言う(笑))


例えば、画像表示一つをとっても、JavaScript LightBoxを使った画像表示の手法を使うことでサーバー転送量を減らす&高速表示を可能にするというテクニックもあります。


動画埋め込みの場合でも、動画サムネイルのみを表示させてクリックすると別ウインドウで再生させるようにすれば高速かつどんな環境でも対応出来ると言った具合です。
例えば;【動画】(クリックすると別画面で再生されます)みたいな感じ。


色んな手法を使って手作りながらも軽くて高速表示可能なサイト作りも大事ですね。
プロに任せるとそりゃあカッコイイきれいなサイトを作ってくれます。
が、毎月の維持費用やらなんやらで莫大なお金が必要になってしまいます。
私は全部手作りでゼロ円でやってます。
出来るだけ手作りで行く。これが大事ですね。


後は、訪問する側の問題でして。
どんなに高速表示されるように作成しても例えばインターネットエクスプローラーの古いのとかを使って居たら台なしです。
残念な事に、大半の人はインターネットエクスプローラーの古いのとかを平気で使い続けてます。従って、どんなに高速表示出来るように作成しても無意味な場合が多いです。
ここが難しい所でして、例えば、高速表示且つ軽量なブラウザであるファイアーフォックスだのGoogle Chromeだのを使ってくれ!と言っても何のことやら?となります。


このあたりは日本でWeb関係の仕事をしている人の頭の悩ませどころではあるのですが。
その辺はまた後日にでも。


要諦としては、見やすい!高速表示される!分かりやすい!が大事ってことです。

拍手[1回]

とうとうらくらく登山道三角錐の場所まで到達出来ました。
タイムは34分。ここからは如何に縮めていくかです。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


ランニング3回目にして三角錐まで到達出来たのですが。
昔そこに確かにあった筈の展望の木は無くなっておりました。
筒を覗けば大阪の各地が見れるといったものだったのですが、無くなってました。
それはそれで寂しいものです。


さて、今日は趣向を変えまして『お役立ち』のコーナー。
第一回目は『携帯電話料金』です。
皆さんは、携帯電話に毎月幾ら払ってますか?


私はdocomoのスマートフォン、T-01A(2010年1月30日購入)を使っております。
去年の1月なのですが、このころはまだスマートフォンは下火でとても不人気でした。
それに加えてこのT-01Aと言う機種は高度な知識がないとサッパリダメな機種でした。
それ故に、新品で一括払いで機種変更と言う条件ながら6500円で購入することが出来ました。(但し2年縛りあり)
しかし、T-01Aのスペックは相当なもので、今の最新機種と称して売られているスマートフォンとなんら遜色ないスペックを誇っております。


そんなスマートフォンは毎月の料金が酷い時には10000円を超えるという金食い虫です。
主にインターネットに接続する料金がとんでもなく高く、それだけでも月々5500円~と言った具合です。
では、例えば毎月携帯電話に10000円支払っていたとして、年間では120000円。2年縛りでは240000円の支払いになります。
国民年金や国民健康保険料は苦しいけども、携帯電話料金は律儀に払う。そんな家庭の意見も多数聴いてきました。


そこで、私の料金表をご覧戴きましょう。





月間988円。e-ビリング制度を使いますのでここから105円の割引を受けます。
従って、883円。これが私の毎月携帯電話にかける料金です。
勿論、通話もインターネットも出来ます。メールだって出来ますし、軽いフラッシュゲームも出来ます。ツイッターも勿論。
先程も申し上げたように、機種はT-01Aというスマートフォンです。
そして、標準では使いにくいので当然ながらiPhoneをインストール。





こんな感じで使用しております。正直iPhoneは使いやすいです。UIが素敵過ぎます。
androidもインストールしましたが、iPhoneの方が起動が早いです。


さて、どうしてこのような料金になるのか?ですが、料金を最も引き上げてくるのはインターネットの部分です。通称、パケット通信料金と呼ばれる類のものです。
このパケット通信料金が曲者でして、すぐに上限に行ってしまう。
ちょっとしか使ってないのに、あっという間に5500円とか超えてきます。これではどうにもなりません。
従って、先ずはこのパケット通信とかの特約を全て解約します。
さらに留守番電話サービスも解約。携帯電話には本体に『伝言メモ』という機能がありまして、電源が入っていて圏内に入ればそこに録音出来るのです。
留守番電話サービスは圏外とか電源が切れている場合でも録音出来るものです。
ただし、そんなことはあんまりないものです。
月々315円支払う価値があるかどうか?そこがポイントです。


私の場合は全ての現契約に付いている特約類を外しました。
機種補償もなくなったので、そこの部分が不安と言えば不安なのですが、今使っている機種が仮に壊れた・水没したとなった場合は、現行型遅れ機種をオークションで購入(上限20000円)してSIMを差し替えるということをしようと考えております。


と、まぁ制限は加わりますが、毎月の料金を見直すだけでも結構変わってくるものです。
月に300円支払っていると、年間で3600円ですし、月に500円だと年間6000円の出費です。
その部分、つまり、月々で薄められている金額を年払いで計算してみてはどうですか?と言う事を申し上げたい。


これは農協時代の思考回路なのですが、積立理論というものです。
月々10000円積み立てれば満期で120000円貰えます。当然です。
が、この当然の理屈を実践するのがなんと難しいことか!!
私はしみじみと感じたものです。




その理屈を考えてみて、皆さんも携帯電話の料金を一度見直しされてみてはどうでしょうか?

拍手[1回]

プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]