忍者ブログ
[59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49]
我々、東大阪新風会がどうして議員給料を3割カットのお願いをしているのか。
最大根拠は市の財政状況の悪化にありますが、今日おはなしさせていただいた方にはこのような論拠を提示されました。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。


東大阪市議会予定表によりますと、6月は「1日 水 午前10時 総務特別委員会 委員会室」「13日 月 午前10時 総務特別委員会 委員会室」「14日 火 午前10時 本会議 議場」の3つだけしか予定が無い。それで月収70万+αだよ、川口君。と。


たしかに、東大阪市発表の議会案内は6月は3つだけの予定です。
では、それ以外の時間は議員は何をしているのでしょうか?
市民にとってもそうですし、私もそこの部分が不思議でなりません。
こればっかりは実際に議員に成らないと分からない部分です。


もうひとつは、「川口君、なんだか年金の額が減ったんだけど。どうして?」という話。
年金生活をしている世帯では、年金受取額が変わると老後のライフプランが大きく変わってきます。定期預金を切り崩しているのは勿論ですが、生活費の切り詰めなど切実な相談を受けます。
日本の年金制度は今ひとつ不明瞭な点がありまして、今回の年金の受取額が減ったという話も何故?後期高齢負担額が増えたから?介護が増えたから?と言った具合です。
国民にこれこれこうだから、減りました。と言うデメリット表示(不利益事項)が無いのです。
アカウンタビリティ(説明責任)があまりにも無い。
昨日の前納報奨金の廃止でもそうです。



だから、こんな表が出てきたりするのではないのか?と思うのです。
これは若い世帯からの年金って掛け続けたらかけ続けるだけ損なの?と言う質問から。


もう、一つ一つの事案・事項に対して丁寧なアカウンタビリティ(説明責任)とデメリット表示(不利益事項)の徹底が必須な時代なのに。
企業ではコンプライアンス(法令遵守)と言うのが絶対前提条件として存在しているのに。
市民にとって不利益となる事項を説明しないままに実施することは、東大阪市がコンプライアンス違反しているとは思いませんか?

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 29
30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]