忍者ブログ
[386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 □ ノーベル賞     

山中伸弥・京都大教授に、今年のノーベル生理学・医学賞が贈られることになった。


ソース:http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121008-OYT1T00990.htm

拍手[2回]


+ + + + + + + + + +
大阪府東大阪市出身。小学校時代から大学一回生まで、奈良県奈良市の学園前に居住[1]。父親は工学部を出て、ミシンを作る町工場を経営。[2]。


ウィキペディア:山中伸弥


まだかまだかと言われ続けてきたノーベル賞受賞が現実となりまして、東大阪市出身の方のノーベル賞受賞は本当に誇らしく明るいニュースとなりました。
コメントも「私は無名の研究者だった。国の支援がなければ、受賞できなかった。日本という国が受賞した」「日本という国が受賞したと思っている。一日も早く医学応用しないといけないという気持ちでいっぱいだ」ととても謙虚なものでした。


民主党、先端研究助成基金を総額2700億円から総額1000億円に減額 iPS山中教授は(150億円から)50億円にという事態から、会見では国への感謝を口にしたが、決して研究資金が潤沢だったわけではない。今年3月には、研究資金の“カンパ”を訴え、アピールするため、京都マラソンに自ら出場した。となり、現在も年10回ほど渡航し、資金面など環境が整っている米国で研究している。この日、会見場では野田首相から祝福の電話が入り、教授は「国を挙げて支援していただいたおかげです」と答えていたが、胸のうちには複雑な思いがあったのかもしれない。という流れにはいささかな気分もしますが、研究資金をしっかりと出すべき所に出して、未来の医療に役立てることこそ、将来への投資と言えると思います。


目先の所にホイホイお金を注ぎこんで、特定の人たちだけで享受する仕組みから、未来にお金を投資し、全ての人が享受できる世の中にならないと、賞もカタチだけになってしまいます。
ノーベル賞が本当に活かされる為には、政治がしっかりと未来を見据えた舵取りをしなければなりません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]