忍者ブログ
[1585] [1584] [1582] [1581] [1579] [1578] [1577] [1576] [1575] [1574] [1573]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ❏ 中2週間         

お待たせしました!


衆院選期間中は早朝街頭活動を自粛しておりましたので、実に11月28日から中2週間を開けての久しぶりの早朝街頭活動を実施しました。







早朝街頭活動前に定例の早朝ゴミ拾い清掃活動。


東花園駅前はダントツで吸い殻ゴミが多いです。


30分ほどゴミ拾いをして、袋がいっぱいになりました。


衆院選投票率について。





東大阪市はとうとう50%を割り込みまして、48%に。


投票率についての考察を先に述べました。



今週テーマは「地方創生とまちづくり」


これから少子高齢化対策・地方活性化に向けて、国の施策として地方創生が掲げられています。


実行段階に入りますと、地方に予算がどんどん配分されていくことになります。


この施策に巧く柔軟に対応して、東大阪市版地域分権、まちづくりの仕組みに活用していかなければなりません。


国の予算を獲得し、地域活性化に活用する。これは国政や地方政治関係なく、地方創生とまちづくりを紐付けリンクさせてやっていかなければなりません。


それができていく地方と、巧くできない地方とがこれから別れて行くと思います。


巧くできていく地方には、国から予算がたくさん下りてくる、逆に巧くできない地方には予算もあまり回らず、地域活性化も立ち遅れる、という二極化の懸念があります。


私としては、地方創生施策を東大阪市でも巧くフル活用して、例えばラグビーワールドカップ開催における周辺整備=地域活性化=地方創生と紐付けすることや、中小企業後継者育成事業=周辺工業系学校や大学連携に紐付けなど。


まちづくり分野においても、少子高齢化対策と紐付けすることで、子育て支援拠点整備(ただし新規箱モノは建てない)や、高齢者の皆様の拠点整備、拠点に行くための足(コミュニティバス)整備などに紐付けするなど、やりようは無限大。


今の東大阪市議会は残念ながらまちづくり予算を飛ばすなど、まちづくり=議員の面子を潰す行為という状態です。


それでは地方創生と巧く紐付けリンクすることが厳しく、まちづくりも活性化していきません。


来年秋の争点として、まちづくりと地方創生は必ず盛り込もうと考えています。


今日は久しぶりとあって、いつもより熱のこもった早朝街頭活動となりました!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家志望へ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]