忍者ブログ
[1794] [1793] [1792] [1791] [1790] [1789] [1788] [1787] [1786] [1785] [1784]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ❏ 竹について         

今年も七夕の笹のお届けを順調に進めています。質問があったので簡単に竹取についてコラム的な感じで。


 ❏ ウチではお届けしている竹は全て『孟宗竹の雄竹』です。      

真竹や破竹林も所有していますが、最も管理にチカラを入れているのは孟宗竹です。生駒の山では真竹や破竹の方が圧倒的に多く、見分け方は孟宗竹は節が1つで白っぽい、真竹や破竹は節が2つでこんもりしている、です。


孟宗竹の節は1節で白っぽくなっています



真竹や破竹は節が2つあり、膨れた感じになっています


孟宗竹-真竹-破竹→見分け方




 ❏ 『雄竹と雌竹について。』       


竹の根っこから一番目の枝が1つなら雄、2つなら雌です。基本的に雌竹は寿命まで生かして、繁殖を狙います。


雄竹は若いうちに伐採して七夕笹になっていきます。ひよこみたいな感じで、竹林界もおんなじですねぇ。



根本から最初の枝が1本なので、これは雄竹です



こちらは2本なので雌竹ですね


DASH村 竹

竹の性別




 ❏ 『タケスゴモリハダニについて。』      


ここ2〜3年で急速に感染拡大しているタケスゴモリハダニ

葉っぱに寄生するので難儀です。一度冒されると二度と元には戻らず、伐採焼却埋め立て処分しなければ際限なく感染していきます。

七夕笹には使えないので、感染竹は積極的に切り倒します。焼却はできないので、まとめて隔離します。


タケスゴモリハダニに感染した笹。これでは七夕用には使えません



健全な笹。できるだけ綺麗な笹の葉を持つ個体でかつ、雄竹を伐っています




 ❏ 『竹と土砂崩れ』       


昔は定期的に伐採して材料として重宝されてきた竹ですが、今は放置された竹林が拡大して土砂崩れの要因になってきています。


土砂災害特別警戒区域に指定されている山林で、竹が比較的多いところは超危険エリアになりますね。
竹の根っこは浅いところまでしか伸びず、土留効果は薄いです。


竹林土砂崩れ

エリア一帯ごと斜めに滑り落ちる

こうなっている竹やぶが生駒山も増えてきている


土砂崩れするときは竹林エリアごと斜めに一気に行きます。これを防ぐためにウチの土地管区では年2回の竹林伐採を実施して、大切な生駒の里山保全を行っています。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家志望へ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]