忍者ブログ
[1182] [1181] [1180] [1179] [1178] [1177] [1176] [1175] [1174] [1173] [1172]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ❏ 全ての買い物弱者の皆様のために        




買い物難民問題の解決策として、宅配サービスやネット注文もありますが。
買い物は自分の手でやりたい!買い物行為自体を楽しみたい!だけどなかなか出歩けない・・・


地域巡回型のバス。それも地域の市民が意見を出し合って実現していく。誰かが全部決めてしまうのではなくて地域でかんがえてきめていく。協働で運営していく。

これから東大阪市がより住みやすい住み続けたいまちになっていくために。


半径500m圏内に買い物場所が無い・・・そういった中核市人口50万都市東大阪市でもポッカリと空いているエリアがあります。



新上小阪住宅


新上小阪住宅もそのうちの一つ。
今日は私も参加している「お買い物弱者支援プロジェクトチーム」による、買い物支援バスの説明会が開催されました。



会場は満席!25人以上の方が出席くださいました。


挨拶される白石代表


主旨説明をされる白石代表


高齢者はもちろん、障がいをお持ちの方、妊婦さん、小さな乳幼児を育児中の方など、老若男女問わず幅広い「お買い物弱者」が対象となります。


代表の白石氏はまちづくり意見交換会の全ての地域の会場に出席され、高齢者テーブルにてこのお買い物支援プロジェクトについて精力的に活動されてこられました。
この3月議会でまちづくり予算が成立すれば、更に前に進む!・・・はずだったのですが、まちづくり予算が成立せず、6月議会まで継続審議となりました。
無念ですが、6月議会までにしっかりとこういった説明会を細かく実施していき、協働のコミュニティバス、買い物支援バスの主旨を沢山の方に理解していただこうという方向になりました。


私もにこにこおでかけクラブのHPを簡単ながら作成し、まだ工事中ですがこれからどんどんHPで情報発信をしてまいります。



 ❏ 質疑応答、意見交換で更に活発に!       


質疑応答、意見交換


主旨説明の後、我々プロジェクトチームが考えている潜在的ニーズと、実際に抱えておられるニーズや要望について細かく意見交換や質疑応答を。


コレまではどこかで誰かが全部決めていて、それを実施しますよというある意味押し付け型でしたが、今回のプロジェクトは地域が必要としていることを地域で話し合い、意見を出し合って、地域で決めていく、というまちづくりの原則に則って行われています。


今回の質疑応答や意見交換でも、高齢者だけでなく小さな乳幼児を育児中の方はどうなのか?
運行に関するスケジュールはどうなのか?
料金はどうなるのか?
介護タクシーとの違いは?


と様々な質疑応答がなされました。





当日配布の資料。あくまでもたたき台。


あくまでもたたき台として当日配布の資料がありましたが、実際に地域の皆様が考えていることや想いを互いに述べ合うことで、更にこのプロジェクトに意味がある、意義があると感じるところでした。


質疑応答意見交換の後、私も少しだけ発言させて戴きました。


コミュニティバスの要望は私が住んでいる六万寺町などの瓢箪山駅、枚岡駅、額田駅、石切駅など山の手エリアでもとても高いものであること。
今回の試験運行の試乗会はとても注目度が高いこと。
試乗会に参加してみて感じたことなど気軽にどんどん改善すべき点や、このようにしたら?と思う点などを挙げていただきたいこと。
30歳として、育児中の方や妊婦さんといった若年層ももちろん期待しているところであるし、障がい者施設に関わる者として、幅広いニーズ掘り起こしのためにも、是非クチコミで広げていっていただきたいこと。


と要点を絞ってお伝えさせて戴きました。



 ❏ お試し会の試乗会へ       


この後の試乗会に参加される方は手を挙げてください・・おおっ、ありがとうございます!


予想以上の参加にびっくり!
ありがとうございます!



今回の試乗会バス、ニコニコ号。(にこにこおでかけクラブから)


買い物メイトが介助しつつ、実際に乗ってもらいます


楽しいお買い物、行ってらっしゃいませ~




 ❏ 説明会と試乗会に参加して      

今回お声がけ戴いた、自治会の皆様には本当に感謝、感謝でございます。
ただただチラシ配布や回覧板を回しただけではここまで大勢の方が来られなかったことでしょう。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。


説明会での意見交換と、試乗会後の感想意見交換とをしっかりと一つ一つ吟味して、他市取り組み事例と比較しつつ、東大阪市版にアレンジしなおしたコミュニティバス、買い物支援バスになっていくように、プロジェクト会議で更にちゃんとした形にしていければと思います。


予約型のデマンドバスか。
時刻表運行バスか。


いろんな運行方式もあろうかと思いますが、東大阪市に合ったように一番最適な運行方式を選択できればと思います。


同時に、今日の取り組みをもっと多くの東大阪市民の皆様に知っていただいて、こういう買い物支援バス構想があって、実際に試験運行のお試し会と説明会があったよ!とクチコミで広がっていけば、更なる潜在的ニーズの掘り起こしも進むかと思います。
そちらについては広報情報発信としてしっかりとやりたいと思います。


今日は自治会の方だけでなく、コミュニティソーシャルワーカーの方や、地域包括支援センターの方など、幅広い方がお見えになられました。
更にここから、地元保育園や幼稚園、社会福祉法人の障がい者施設など、拡大していければと思います。


プロジェクト執行部としては、道路運送法道路運送車両法、一般乗合旅客自動車運送事業などなどの各法規。
福祉有償運送などなど様々な取り決めをしっかりと研究して、コンプライアンスをしっかりと固めておきたいところ。
同時に、他市取り組み事例ではどのようにコンプライアンスを処理したのかも合わせてやっておきたいところ。


代表の白石氏は75歳。後期高齢者です。
まだ元気だけれども、いつ買い物にいけなくなる、出かけることができなくなるか分からないという危機感から、今のうちからしっかりと仕組みを作っておこうという理念があります。
私とは45歳の違いがありますが、私とて同じ想い。
同世代の抱える課題。
山の手の坂道を電動自転車で前と後ろに我が子を載せて、買い物に行く光景。
決して他人ごとではありません。


皆が笑顔に、東大阪市に住んででよかった、住み続けたいと思えるまちづくりを目指して、買い物支援バス、コミュニティバスは更にチカラを入れて取り組んでいきたいと思います。


本日はまことにありがとうございました!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家志望へ
にほんブログ村

拍手[4回]

PR
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]