忍者ブログ
[339] [338] [337] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327]

 □ 更に竹林整備     

今日は室温34.6度、湿度60%の環境に耐え切ることができず、ジョギングに行くかそれとも・・・と思案した結果、竹林整備をすることにしました。竹林整備ハンドブックに「思い立った時」とか書いてるから!(^_^;)



先日からの続き。入り口付近


先日はなんとか切り開いたと言った具合で、降雨終了となったところから。
斜めに竹が生えているのは土砂崩れによるもの。
日差しを遮ってしまうので、斜めの竹の根本をチェーンソーで切り倒し、2mくらいにこなし、谷底に滑り落としていく作業を。


作業中に、蜂に刺されるハプニングが!
黄色と黒のしましまの体長1cm位の蜂でしたが、激痛。
腕が燃えるかと思いました。マジ蜂危ないです(T_T)



少し先に進んだところ。土砂崩れ後が酷い


今回の整備目標は、

 ・ 道の形成
 ・ 傘をさしても通れる広さの確保
 ・ 斜面の竹の伐採

でして、土砂崩れ防止の土留めをするまでは至らず。
斜めの竹の根本をひたすらチェーンソーでゴリゴリ切っていきます!



少しだけマシになりました


アタマの当たらない高さを優先的に処理していくのですが、日差し遮ってしまう高い竹については、根本まで行くのに一苦労です。
斜面を登って、伐採した竹を足場にしてチェーンソーで作業、ですのでかなりやりにくい・・・
なんとか日差しを確保するところまで進めた時に、住職が応援に駆けつけてくれました。



岩瀧にて。手前チェーンソーがブラックアンドデッカー社。中央は瓦を探す住職。右に岩瀧不動尊。


岩瀧周辺は涼しく、作業も一段落したので涼みつつ休憩~。
「自分自身の手で瓦を見つけたい」と言う住職につられ、瓦捜索開始。


何気なしに地面を見ていたら、早速発見してしまい、なんだか申し訳ない気持ちになりつつも回収しました(笑)
不思議なのが、これまで数十年にわたって出て来なかった瓦が、今になって登る度に発見、回収されること。
しかも発見者として不思議なのが、毎回毎回敢えて見つけてもらうような格好で瓦が落ちていること。
まるで、見つけてもらいたいかのごとく、毎回毎回落ちています。不思議です。



休憩&瓦捜索を打ち切って、岩瀧に九拝


作業はツライですが、綺麗に整備された道を帰ると充実感に満たされますね。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]