忍者ブログ
[143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133]
東大阪新風会代表:川口やすひろの東北支援ボランティア報告記事はこちらです。


9月25日告示・10月2日投開票の東大阪市議会議員選挙の立候補予定者一覧はこちらです。

【告知】
7月31日から私も所属しております、鳩まめ倶楽部様にて『東大阪市民のねがい』の特番が始まりました!
東大阪の日常生活で、あなた自身が体験し、「なんでやろ?」と思われたことをドシドシお寄せ下さい。今秋の東大阪市議会選・市長選のW選挙の予定候補者に回答して戴きます。勿論、私も真正面から回答させて戴きます。私のルールとして、『予算が無いから』をNGワードに据え置き、『代替案:alternative』を提案して投げかけさせて戴きます。
是非、市民の皆様のご意見をお寄せ下さい!!
追記:『私はこう思う』意見交流コーナーが始まりました!市民の皆様の活発な議論に私も参加させていただいております!!

NEW!! 立候補予定者の声のコーナーが始まりました。私も全ての質問に対して回答して戴かせております。



本日は、午前中に市役所にて書類提出を行いました。
その後、野田市長と意見交換をさせて戴きまして、タウンミーティングやミニ集会、街頭演説にていただいた市民の皆様の声を直接お届けさせていただきました。
今度のJC主催の公開討論会も、出席させていただいて政策をお聴かせさせていただきたいと思います。


午後からは、ご指摘をいただいた事項に対して迅速に処理するべく、市内を走り回りました。
ココに来て、ポカがあってはならないのにやってしまいましたので、即座に対応をさせていただきました。
まだまだ浅学非才の身ゆえに、失敗をすることがございます。
今回も、ご指摘をいただいたおかげで迅速な対応をとる事が出来ました。
今後共、ご指導・ご鞭撻を賜りますようによろしくお願い申し上げます。


夕方は、近鉄若江岩田駅にて街頭演説を行いました。



街頭演説を行う川口


今日の街頭演説は包括外部監査大阪市病院事業の「経営に係る事業の管理」及び「財務に関する事務の執行」について(平成17年度実施)について演説させて戴きました。
私たち20代は特に病院にお世話になる機会が少なく、病院という場所にはあまり関わりがありません。
しかし、その中身の部分については、関わりは無くとも将来的に大きな関わりを持つかもしれない為、本日はその中身の部分について演説を致しました。


昨日、演説中に戴いたご指摘を今日の演説に活かして取り入れてみたところ、「いいねぇ!」と仰っていただいたり、「がんばりやー」とお声がけくださったり。
毎日毎日行わせていただいておりますが、日に日にその声が増えて行っておりまして、若者への期待も大きくなっていることを実感します。
私自身もまだまだ知らないことがたくさんあります。
その知らないことを、市民の皆様にお教えいただくことで、より一層深みをもった街頭演説を行えております。


演説中に戴いたご指摘やご指導は即座に取り入れてみて、自分でやってみます。
「やってみなはれ」のとおりです。
「素直な心で事にあたれ」のとおりです。
それらの教えの通りにやってみれば、成長していけると私は信じております。


また、明日も若江岩田駅で行わせていただきたいと思います。
まだまだ勉強が足りない!もっともっと、精進せねば!
市民の皆様からの一言一言が私にとってはかけがえのない宝物です。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]