忍者ブログ
[261] [260] [259] [255] [254] [250] [247] [243] [242] [241] [240]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 □ 話題     

今日は先週テレビ出演等で延期になっていたタウンミーティング複数開催。
やはり膝を突き合わせてざっくばらんに話することは良いですね。色んな発見が得られます。


しかし、話題になるのは東大阪市議会の議長の話。


東大阪市議会は21日臨時議会を開き、新しい議長に自民党議員団の田口義明氏(61)が就任した。
前の議長である平田正造氏が、昨年12月21日の本会議で数え間違えにより市議会を流会させたことや、その後の対応が不十分であったことへの責任を取るとして辞意を表明していた。

臨時議会は平田氏の辞職を承認し、議長選挙が行われた。田口議長は前の副議長であったため、続けて新しい副議長選挙が行われ、鳥居善太郎氏(57)が選ばれた。

ソース:http://www.w-higa.com/hon/article/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E3%80%81%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E8%AD%B0%E9%95%B7%E3%81%AB%E7%94%B0%E5%8F%A3%E7%BE%A9%E6%98%8E%E6%B0%8F


この議長云々の問題は、採決の時に賛成反対を数え間違えたとの事が発端でした。
この件について、タウンミーティングでも当然ながら意見が飛び交いまして、あわせて59議案が審議決議を残したまま閉会している現状に対しても、「何のための市議会議員選挙やったんや!」「川口、しっかりせんかい!」とのご意見をいただきました。


ようやく前回の選挙で東大阪市も前に進むと期待していた市民の声が、イキナリ半年も経たないうちに失望の声に変わっている現場でした。
市議会への不満の声が、バッジをつけていない私にも直接飛んでくる。このことを受けて、現職の市議会議員にはその数倍の不満の声が寄せられていることでしょう。


一刻も早く、正常な議会運営に戻していただきたい。と切にお願いをすることしかできませんが、議長選出の投票詳細等も含めて市民からの声は期待から失望に変わりつつあることを実感したタウンミーティング連続開催でした。




 
 □ 社会福祉法人     

その後、社会福祉法人の理事会にご招待をいただきまして、オブザーバーとして出席しました。
その場でも、「行政は社会福祉法人の現場の声を無視しすぎている」との理事さんからのご意見を戴きました。


膨大な量の行政手続き書類や、慣例的な部分を行政もある程度容認してしまっている部分などなど、キチっと決めてしまうべき事項か、そうでなく濁しつつ各個判断に委任している事項かを精査する必要があると感じました。


こういった現場に呼んで戴けることは本当にありがたく、現場の声と行政のあり方の乖離についてしっかりと考える機会と捉えて今後に活かしていきたいです。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]