忍者ブログ
[285] [283] [280] [279] [278] [276] [275] [274] [273] [272] [269]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 □ 新年度!     

今日から4月。新年度ですね。
先の東大阪市議会議員選挙から早いもので半年が経過しました。
この半年の間は原点回帰と更なる研鑽と、膝を突き合わせた対話に注いできました。
色々ありまして、滋賀の未来政治塾・愛知の東海大志塾に通うことになり、本年度はより一層の研鑽を重ねてまいります。


まだまだ拙い所ばかりではございますが、今後共変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。





 □ 市民美術展     

第29回春季公募美術展 東大阪市美術協会
フォトクラブジール展 フォトクラブジール

の2つの展覧会が市民美術センターで行われており、知り合いの方が奨励賞を受賞されたとのことで、お祝いも兼ねて鑑賞させて戴きました。



受賞された絵



授賞式の様子


私は絵画関係に関してはどう観ればいいものか分からない、門外漢です(笑)
好きな画家は「サルバドール・ダリ」で、好きな絵は「柔らかい時計」というヘンな所を突いてます。
写実主義とか印象派とか、色んなレゾネを観たりはするのではありますが、ダリのようなシュルレアリスムな絵の方が想像力を掻き立てられるので好き、という程度です。


今はGoogle美術館があるので、美術館に行かなくても極めて本物に近い高画質な作品が無料で閲覧できる時代。
タッチとか繊細な息遣いとかが分からないので、Google美術館で十分!と思っているあたりがイカンのかもしれません。





 □ Google Mapがドラクエに      




もの凄いレベルの高いエイプリルフールネタ、かつ、面白いアイデアです。
流石はGoogle!と思わせる企画ですね。


私の世代(1983年)はファミコン直撃世代でして、普及が進んで一家に一台ファミコンがあった時代です。
学校から帰ると友だちの家でファミコンでよく遊んだものです。
ファミコンは8bitマシンでして、今の容量換算で行きますとソフト1本が約512KB程度でした。
ちなみに、1024KB=1MBです。プレイステーション3のソフトウェアはブルーレイですので、1本に約25GB入ります。従って、25×1024×1024=26,214,400KBという計算になりますから、ファミコンの時代からプレイステーション3の時代で51,200倍になっているということです。


最近はゲームをあまりしなくなりまして、コンシューマもプレイステーション(初代)までしかしなかったものですから最新のゲーム事情と言うものにはとても疎くなっています。
たまに友人の家で最新ゲーム機を見るのですが、サッパリわかりません(笑)
ただ、美麗なグラフィックだの、高性能だのよりも、ファミコンのゲームのほうが余程熱中してやっていたような気がするのですが、今の子供だと基準がDSやPSPやプレイステーション3とかなのでまた違う感想を持つのでしょうね。






 □ 3月タウンミーティングまとめ      

3月タウンミーティングの最後に「前納報奨金制度復活政策」について行ったものがありました。
確定申告相談やらで奔走している時に行ったものですが、丁度納税の時期ということで皆さんの関心も高まっているときにしておこう!と。


その中で、「前納報奨金制度は金持ち優遇制度であり、低所得者層には何ら恩恵がない」と言う意見がありました。
前納できる世帯=金持ちという意見だったのですが、自身の農協時代の取り組みとして、積立計画さえキッチリできればむしろ低所得者層の方が恩恵がある制度ですよ、とご説明させて戴きました。
前納報奨金制度をキッカケとして、積立を作り、計画的な貯蓄と財政管理ができるようになった!というお声が多かったからなのではありますが、納税額が10万円の場合と、300万円の場合だとどちらが積み立て計画を立てやすいですか?という具体例を出しながら、


①市民からのファイナンシャル・プランニング意識を向上する意味での前納報奨金制度
②減税政策としての前納報奨金制度
③未回収金(200億)を減らす意味での前納報奨金制度


の3つに分けて述べさせていただきました。


先日、新聞の別欄の所に「40代にもっとやっておくべきだったこと」「50代にもっとやっておくべきだったこと」というコーナーがありまして、どの世代でも貯蓄が1位でした。続いて保険加入や個人年金積立。
若い世代である、私達20代からファイナンシャル・プランニング意識をもって取り組んで60代を迎えるのと、40代から意識をもって取り組んで60代を迎えるという、20年の格差については言葉にできないとても大きなものがあります。
確定申告相談で奔走していた時のことを思い出しましたが、「今は家計について旦那さんが細かく言うと金融的DVとなってしまう」という教訓を活かしつつも、ファイナンシャル・プランニング意識の向上と、方向性をシフトして行って前納報奨金制度復活議論は活性化させて行きたいと思います。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]