忍者ブログ
[211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201]
今日はPLの健康診断の日。
10月の選挙戦以降すぐれ無かった体調の原因を調べてもらいました。
どうも皆さんこんばんわ。川口やすひろです。



 ■  PLで人間ドック初体験       


人間ドックと云うものを初体験しましたが、エコーやバリウム検査がキツかったですね。
結果は良好。若々しい内蔵で問題なし。
尿酸値だけ云われましたので、野菜生活にシフトしつつ運動量を増やしていきたいです。



今は凄いですね。
支払いが一瞬で済んでしまうんですね。
病院と云えば長い待合室時間を経て一瞬で診察が終わって、また長い待合室を経てお会計なんですが、PLでは診察券を端末に入れたら金額表示されてお金をそこに入れたら支払い終了なんですよね。
この合理化は素晴らしいモノがあります。是非、東大阪市の病院にも入れていくべきだ!と。
ただ、そのことを考えながら帰りの車の中で政策立案をイメージしておりましたら、総合病院の治療費踏み倒し総額約17億円が浮かびまして。


治療費踏み倒し総額約17億円を考えると、あのPLの支払いシステムだと敢えて支払わずに帰ってしまうことが出来てしまいますよね。
まぁ今の病院の会計でもそういった事例は多々ありますが、全部機械化してしまうと支払いをせずに帰れてしまいやすいあのシステムは難しいのではないか?
となって、じゃあ病院に入ったところで磁気付きのタグを渡して、帰りに磁気付きタグを返さないと万引き防止機械みたいなのがピピピピピピと音が出るようにしたらどうか?とか。
やっぱり現実的じゃないねぇ・・・と。





  ■  鳩まめ倶楽部の編集会議      


夕方からは鳩まめ倶楽部さんの編集会議。
まちづくり支援課が行なっている、「スクラムは~と」について。
我らが鳩まめ倶楽部も団体登録されてます
このスクラムは~とでもどんどん発信していく為に、いろいろと意見を今後出し合っていく予定となりました。
こういったまちづくり支援課の活動に積極的に関わることで、地域のことをしっかりと学んでいきたいと考えております。





  ■  ガジェット的なこと      


スマートフォン関連の情報を集めていて気になったニュース。
先ずは、弘兼さんら7人が自炊代行業者を提訴
原告側は「業者が大規模にユーザーの発注を募ってスキャンを行う事業は、著作権法上の複製権の侵害に当たる」と主張。「電子書籍市場の形成を大きく阻害しかねない」と訴えている。
というニュース。


日本では電子書籍は既得権益の絡みやら何やらで国内企業は独自規格を乱立させ、市場混乱をしてあーだこーだやっているのですが、Amazonに全部かっさらわれて行くことが決定しております
利益はAmazonに全部持っていかれてしまうことが決定しているにも関わらず、粘っている国内の電子書籍を見限って、個人で本を裁断しスキャナーで読み取って電子書籍を自分で作る作業、略して自炊が行われているのも突き詰めればそこにあります。
そして、高価な裁断機やスキャナーを買うより、本を郵送で送ったら電子化してデータで返送してくれるという、自炊代行業者が出てきました。


これが著作権法的にはグレーゾーンに当たる為の提訴となった訳ですが、そもそも論としてアメリカの「デジタルミレニアム著作権法」のようなデジタル対応した著作権法が日本には無いことが根本の問題だと私は考えております。


電子書籍に関してもそうですし、動画サイトや着うたサイトなどなど。
今や誰もが気軽にそれと知らずに著作権違反のデジタル物を入手出来るようになってしまいました。
日本の現行著作権法ではそういったデジタルモノに関しては明記が無く、アメリカのデジタルミレニアム著作権法のような法律も無いので、一つ一つに条文明記しなければならないのです。
コモン・センス(常識)で動く国家と、条文で動く国家との違いを見ることが出来るのです。


同様のニュースでは、無罪確定でWinny作者の金子氏がコメント「インターネットの問題解決に尽くしたい」の様に、ウイニーの作者が最高裁判断で無罪となったケースがあります。
悪名高きウイニーですが、その技術であるP2Pは正しく使えば劇的に便利なツールです。
将来は電話等もP2Pで一般化されるでしょうし、クラウドコンピューティング技術には欠かせないものです。
金子氏の逮捕によって、日本の技術開発は10年遅れてしまい、海外のP2P技術との差は歴然となってしまいました。


デジタルミレニアム著作権法のような、コモン・センスを軸とした新しい著作権法の概念を生み出して、ある程度の許容とある程度の制限を付加することで健全なインターネット環境を保つことが日本のIT政治に求められると想います。
ただ、哀しいのはこういった次世代を見据えた政策議論をしても全く票に繋がらないということでして。
選挙に勝ってからこういうことは述べるべきなんでしょうなぁ・・・

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]