忍者ブログ
[1273] [1272] [1271] [1270] [1269] [1268] [1267] [1266] [1265] [1264] [1263]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ❏ スマホ通話、定額広がる ソフトバンクも月2700円軸      

携帯電話の音声通話で料金定額制が広がってきた。NTTドコモが6月1日に先行導入するのに続き、ソフトバンクモバイルも6月にも全ての国内通話を定額にするスマートフォン(スマホ)向け料金を導入する。月2700円のドコモと同程度とする方向だ。KDDI(au)も検討中。各社の音声収入は「LINE」など対話アプリ(応用ソフト)の普及で落ち込む。定額制で歯止めをかけて収益の柱はデータ通信へと切り替える。

ソフトバンクは現在、同社の契約者間の通話に限り月額934円(税抜き)で午前1時~午後9時
の間は通話し放題となる「ホワイトプラン」を提供する。新料金は新たに申し込みが必要。
ドコモやKDDIの契約者や固定電話との間でも定額で通話できる。

ソフトバンクは1月に利用時間や回数の条件付きで音声通話を定額にする料金プランを発表した。
これに対しドコモが4月に条件を付けずに通話を月2700円の定額にする新料金を打ち出した。
ソフトバンクは新料金導入を延期し対策を練り直していた。ドコモの新料金の申し込みは29日
時点で170万件を突破。ソフトバンクはドコモとほぼ同等の料金水準に変更して対抗する。

ドコモやソフトバンクが音声通話に完全定額制を導入するのは、LINEなどスマホの無料アプリ
の普及が背景にある。メールだけでやり取りするケースも増えている。定額制導入で通話収入の
減少に歯止めをかける。


ソース


ターゲット層は

スマホであれば一ヶ月に50分。
ガラケーであれば一ヶ月に75分。

以上通話する層に絞られてきますね。


さて、3G通話の終焉も近づいてきていて、movaが終わった頃を思い出させます。


通話も4Gになっていく中、VoLTEは果たしてエリア行けてるのかな?と不安になるところも。


ちなみに六万寺町1丁目は元気にLTE圏外です!(笑)

ウィルコム、6/1より月額1,500円で通話・通信が無制限になる新プラン


ウィルコムは、月額1,500円(税抜)で通話とパケット通信が無制限になる、新オプションサービス「スーパーだれとでも定額」を発表。6月1日より開始する。
新オプションプラン「スーパーだれとでも定額」は、月額1,500円(税抜)で、国内通話とPHSパケットデータ通信すべてが、通話時間、回数による制限なしの、定額で利用できるのが特徴だ。なお、PHS×3Gデュアル方式に対応した機種による、3G回線からの通話やデータ通信は、定額サービスの対象外となり、別途料金が発生する。
対象料金プランは、「新ウィルコム定額プランS」「新ウィルコム定額プラン」「パス専用プラン」「新ウィルコム定額プランGS」「ウィルコムプランW」となる。一例として、「新ウィルコム定額プランS」と、新オプションプラン「スーパーだれとでも定額」を組み合わせた場合は、月額2,881円で、通話もインターネットも無制限で利用できる。


ソース


カケホーダイに呼応するようにウィルコムも新プランを出してきました。


ウィルコムの場合は2,881円で通話と通信を無制限という内容ですね。
対応エリア圏内で事足りる人の場合は、ウィルコムの新プランもいいかもしれません。




 ❏ MVNOへの影響は?      

低価格SIM派な私としては、カケホーダイやウィルコムプランが抱える、「対応エリア」については少しだけ不安。


MVNOでIP電話がやっぱりコストパフォーマンスが良いと思います。
品質的に差があんまり感じられない六万寺町のみかもしれませんが(笑)


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]