忍者ブログ
[1260] [1259] [1258] [1257] [1256] [1255] [1254] [1253] [1252] [1251] [1250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

❏ 質問!        
安いスマホが出てきましたね。

後は電話代をいかに安くするか?ですね。

イオンのネクサス4を勧めているのですが。今のところガラ携で6000円ぐらい払っているというのです。高いですよね。

イオンのネクサス4少し小さいですがどんなものでしょうか?

通話とネットとNexus 4™がセットになった イオンのスマートフォン.


2年間で音声通話と高速3Gを契約した場合
3,000円+34,080円+1,560円×24=74,520円(税抜)

毎月:3,105円+通話30秒20円


Nexus4の価格が、Amazonで45,000円を考えるとイオンのは安いと言えるでしょう。
※古い機種なので適正価格は37,000程度のようでした。


続いて音声通話契約ですが、30秒20円は少し割高といえるかもしれません。
また、高速3Gですが、3G (WCDMA), HSPA+のみの対応ですのでLTEではありません。
速度はダウンロード5MB、アップロード1MBは出るかと思いますが、ping値によっては遅いと感じるかも?
調べてみたら、200kですか、そうですか・・・通信速度は恐ろしく遅いので、メールかSNS位しか使わないという方がいいかもしれませんね。


続いてNexus4のスペックについて。


Nexus4のAntutuベンチマークスコアが18096をどう考えるか?ですね。


数値を見る限り、16,000~18,000程度。
ゲーム等をしない場合は問題ないかと思います。
少し重たいゲームなどをしだすと、ちょっと苦しいかもしれません。



 ❏ レビューを調べる       

月2980円の「イオンのスマートフォン」を到底おすすめできない理由

イオンのスマホはどこまで出来る?メリット・デメリットから評価


アタリを読みつつ、私の評価を。


本体→☆☆
Nexus4 Antutu18,000は結構キツイと思います。

価格→☆☆
毎月3,105円+通話30秒20円はサービス内容を考えると少し割高?

サービスの質→☆
3Gのみの200k制限ではかなりキツイと思います。
IIJmioが972円で1GB高速なので。
電話代金も高いです。

わかりやすさ→☆☆☆☆☆
解約金要らずで、値段もポッキリ価格で分かりやすい。
高齢者層にバカ売れなのも納得です。

MNP弾→☆☆☆☆☆☆☆☆☆
外法ですが、MNP弾として確保し、速攻でiPhone5sにMNPを行って特典を得るという方法があるようです(詳細はもう少し調査必要ですが)

3,000円+34,080円の初期投資と1,560円を考慮すると、38,640円。
Nexus4本体を20,000円程度でたたき売りをし、マイナス20,000円程度に。
MNPで他社乗り換えを行い、キャッシュバックが20,000円程度であればiPhone5sに突貫。

ということも理論上可能なのかな?→行けそうですね。


総論→☆☆☆
オススメするには結構キツイと思います。


私のオススメするプランは、ガラケーを使っているので、他キャリアにMNPでiPhoneにした方が多分月額維持費も抑えることができるかと思います。
メールアドレスが変わることさえ容認できるのであれば、iPhoneにMNPが鉄板ですね。


おそらくiPhone6の発表を控えた頃になると、iPhone5sを改めて投げ売りしてくるでしょう。
最近は投げ売りはしなくなったと聞きますが、かなりの在庫がだぶついているというのは、週刊のスマホ売上げランキングでも把握できるところです。



 ❏ スマホを選ぶ指標とは       

こっからが表題ですが、私のスマホを選ぶ指標について。

本体性能→☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本体性能がなんといっても最優先事項です。
指標はAntutuベンチマークスコア。
グーグル検索で、機種名+antutuと入力し、画像検索すればだいたいのしきい値が分かります。
今ですと、25,000が最低ラインとして、25,000~35,000の機種で狙います。
スコア=1円とかんがえて値段を検討します。

価格→☆☆☆☆☆☆☆
Antutuスコアが25,000なら、25,000円がしきい値になります。
35,000なら、35,000円がしきい値に。
その他、本体性能とチップセット、グラフィックチップ、System-on-a-chip(SOC、SoC)を徹底的に調べ倒します。
Nexus4の場合はQualcomm
Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)ですので、グラフィックはAdreno 320

以下、特性を完全に調べたあと、個体の持つ特性をレビューチェックします。


大きく行けば、この2つで全てを決めてしまいます(笑)
デザインとか二の次。要は見た目ではなく中身と言いますが、中身でもチップセットまでしっかり吟味しておきたいところ。
もちろん余談なので聞き流してください(笑)


要は、機種名+antutuで画像検索をして、どのくらいのスコアーなのかをチェックするくらいでいいと思います、ということで。
2014年上半期であれば、25,000~35,000程度で合格。
2014年下半期ならば、30,000~40,000程度で合格ですかね。


多分、Androidは30,000を超えてくると性能進化が鈍くなってくると思います。
オーバースペックになってくると思います。昔で言えば、C2Dになった段階でコア数におけるクロックダウンみたいな感じだと。


これからCPUはオクタコア(8コア)が主流になってきて、Androidも64bit化していくと思います。
クアッドコア(4コア)はもう古い!とは言えど、果たして8コアも要るのか?と。
以上、与太話といいますか余談でした。


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]