忍者ブログ
[507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500] [499] [498] [497]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 □ Androidのコードネーム     



Androidには「版数」がありまして、今回はそれについてお話します。

拍手[2回]


+ + + + + + + + + +

 □ 具体的には      

1.0
1.1
Cupcake (1.5)
Donut (1.6)
Eclair (2.0と2.1)
Froyo (2.2.x)
Gingerbread (2.3.x)
Honeycomb (3.x)
Ice Cream Sandwich (4.0.x)
Jelly Bean (4.1.x, 4.2.x)

とあります。


Androidのバージョン履歴を参照


私がAndroidを使い始めたのが、1.5のCupcakeからです。
早いものでドンドン進化していってますね。
で、Cupcakeってなんなの?と言う質問がありました。


歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。



とありますように、お菓子の名前が付けられるのが特徴なのです。
今の最新版スマートフォンは、4.2辺りを積んでますので、Jelly Bean(ゼリービーンズ)ということになります。愛称みたいなものですね。


私が使っているdocomo GalaxyNote(初代)は、Android4.0.4ですので、Ice Cream Sandwich(アイスクリームサンドイッチ)となります。略称で、ICSと記載されるのは、Android4.0.☓を指します。
略称で、GBですと、Android2.3.×系列のGingerbread(ジンジャーブレッド)ですし、JBですとJelly Bean(ゼリービーンズ)ですね。


なので、Androidのバージョンをしっかりと確認しておいて、アプリが対応しているのかどうか?や、不具合改善点などを吟味するのもひとつの楽しみ方と言えるでしょう。


お手持ちのAndroid端末のバージョン確認にはAndroidのバージョン確認方法の巻を参照下さい





 □ バージョンを最新版にしたい!     

公式(docomo、AU、SoftBank)から配信されるバージョンアップで最新版にすることができます。
とは言っても、Android4.2.×系列の最新版ではありません。
日本で使われているAndroidスマートフォンは、日本独自の仕様が追加されています。
ワンセグや赤外線通信、おサイフケータイ機能などがそれにあたります。
そのせいで、最新版Androidにバージョンアップするには、世界基準から半年~1年遅れることになります。というか、バージョンアップは稀なケースで、2年縛りの期間はずーっと古いバージョンで過ごさなくては成らないという素敵仕様です。


なので、私のGalaxy Note(初代)を最新版のAndroid4.2.×にしようと思ったら、公式配信を待つしか無い訳です。ちなみに現時点2013.2.24段階では、Android4.0.4ですね。


バージョンアップに不安があったら、ショップに持って行って、最新版にしてください!とお願いするのが一番はやいと思います。





 □ それでも最新版じゃないと嫌だい!       

はい。私もそのクチでして、常に最新版にしておきたいものであります。標榜しているのも「暮らし、アップデート」ですし(笑)


なので、ココからはいつもどおりの「ROOT権限取得」以上のお話となります。


方法1:カスタムロムを導入する
方法2:海外版機種を導入する


ココでは主に、方法1についてやって行きたいと思います。
カスタムロムとは、当然ですが純正のものではありません。なので、不具合発生や文鎮化もありますし、ワンセグなどのガラパゴス機能も使えなくなりますし、ショップでの保証も受けることができなくなってしまいます。


例によってGalaxy Note(初代)ですと、GALAXY Note SC-05D ROOT/カスタムロム まとめにあります、カスタムロムを参照にすることができます。


[端末名 カスタムロム] で検索すると情報がゴロゴロ出てきますので、一読してみるのがいいかと思います。
技術的追求という意味では、スマートフォンを買い換えて古いもう使わなくなった機種を使ってカスタムロム化するのが普通です。普段使いのスマートフォンをカスタムロム化する場合、余程安定したカスタムロムでなければ常用に耐えないところもあります。


最後に、カスタムロムにした場合のメリットは


 ・ Androidの最新版バージョンが使える
 ・ 動作が快適になる(らしい)
 ・ 余計なアプリが無く、まっ更な状態から使える


デメリットは


 ・ 保証がなくなる
 ・ 電池の持ちが悪くなる(らしい)
 ・ ROOT権限取得以上の知識と技術が必要になる


ということです。
私もカスタムロム化は失敗したら痛いのと、安定版のGalaxyNoteカスタムロムが出揃った後に尚且つ最新版であるのを待つことと、文鎮化した場合白ロムで買ってるのでドコモショップに持込にくいという理由でやってません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]