忍者ブログ
[1022] [1021] [1020] [1019] [1018] [1017] [1016] [1015] [1014] [1013] [1012]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

❏ 不要になった衣類を整理      




・ベンチコート×1
・シャツ×8
・セーター×2
・ズボン×2
・ロングTシャツ×2
・その他


とまぁ、今年も新春から断捨離の「捨」を頑張っていきます。


不要になった衣類は、さくら福祉会さんが1月23日に東大阪河内ライオンズクラブの例会に来てくださいますので、事務局へ持っていきます。


不要衣類の一時回収拠点を増やしていくのも2014年に取り組んで行きたいです。





 ❏ 死蔵品はあるか?      

私にとってのシンプルライフ観は「死蔵品が無い状態」


1年以上来ていない服などは「死蔵品」と認定!
要は使ってないものを沢山持っていても致し方ないという考えが基準にあります。


なので、捨て基準も「死蔵品かどうか?」の判断が最優先。


第一順位:死蔵品かどうか?(85%)
 ↓
第二順位:ときめく(思い入れがある)ものかどうか?(こんまり流 5%)
 ↓
第三順位:自分自身がこの家の最高の客と思えるか?(カレン流 10%)


と大雑把に大別して、くぐり抜けたモノだけが家に残っている状態にしていきます。


ほとんどは死蔵品扱いで沈んでいきますが、卒アルなど思い出系は結構厄介なモノですね。





 ❏ 持たない贅沢      

一流のモノで揃える、お金をかけるところにはしっかり掛ける、という考え方は私はしていません。
むしろ、実用性重視。


実際に使ってみて、使い勝手が良くコストパフォーマンスに優れ、維持費があまりかからないモノを好む傾向にあるようです。


「持たない贅沢」と書くとなんだか貧乏人のヒガミみたいですね(笑)。実際に貧乏人ではありますが(;´Д`)


でも、本当の贅沢とは心とか精神的な部分で感じると思うので、たくさん良いモノに囲まれることを贅沢とかんがえる人も居ていいと思います。





 ❏ なぜ何もないのではなく、何かがあるのか       


イキナリ哲学(笑)
「何かがありき」で物事は考えていかなければならんのではありますが。


ゼロはゼロだけど無ではなくて、0という概念が存在している。
と哲学的に捉える断捨離・シンプルライフ観。


まったくモノを持たなさ過ぎてもイカンということですかね。





 ❏ 荘厳(しょうごん)の考え方をシンプルライフに      

[日常] 仏花は何故くくってあるのか?


で書いたしょうごんの考え方もシンプルライフ観に影響が。


整っている状態。


みごとに配置されていること。


仏教寺院の子に生まれた者としては、仏教的なシンプルライフ観にも付随。


どうしてお寺は綺麗なのか?整っているのか?とかはしょうごんを学べば良いと結論づけることができました。


転じて、シンプルライフはしょうごんの実践でもある(但し、無と空とは違う)とか。


2014年は「しょうごん」をキーワードにしてシンプルライフを追究していきたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]