忍者ブログ
[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165]
どうやら第三回スマートフォン教室は11月第二週になりそうです。
11月第一週を予定していたのですが、関西大学の校友会(OB会)の行事が入りましたので、申し訳ありませんが11月第二週でよろしくお願いします。




 ○ Samsung社(韓国)のGalaxy Note(GT-N7000)が10月29日からドイツで発売開始    

そんなスマートフォン界ですが、私が待望していたSamsung社(韓国)のGalaxy Note(GT-N7000)が10月29日からドイツで発売開始というニュースが飛び込んでまいりました!!
予約発売の額は63,487円!高い!!
流石に現在無職の私には手が届きませんが、なんとか値下がりを期待しております。


5インチはDELL社(アメリカ)のストリークが出て、即、30,000円に値下がった経緯があります。
が、今回のGalaxy Noteはなかなか値下がりしないでしょうね。
日本での発売のニュースも在りませんから、輸入するとしたらドイツかオランダになりそうです。
ドイツ語もオランダ語も得意ではないので、出来れば英語圏のイギリスかアメリカでの発売を待ちたいところです。
ICSへのアップデートも期待されますし、今後共Galaxy Noteの動向は要チェックですね。





 ○ Skype(ドイツ)の有用性   
昨日もSkypeを使ったネット会議をしていたのですが、本当に便利ですね。Skype。
集団会議も無料で行うことができますし、国内の固定電話への通話は月額690円でかけ放題。
携帯電話には120分 ¥1,600/月ですが、今後は下がっていくことを期待しています。


Skype同士での通話は無料で行えますし、ビデオ電話も無料。
この特性を活かせば、

 ・ スマートフォンにSkypeアプリをインストール
 ・ 月額980円のイオンSIMをさす
 ・ Skype同士は通話無料なので、月額980円で通話・ネットが使い放題に

という夢のプランも現実的になってきております。
全てのスマートフォンでSkypeによる通話が出来るようになってますので、【電話で通信料金をとられる】という概念が消滅する・・・筈なのですがそこは日本。巧くいきませんよね。


ただ、私たちからすれば、通信費が殆どゼロ円で済ませることができるのでとても便利。
iPadにSkypeアプリを入れておけば、電話はiPadで出来ますし。
だから不思議で成らないんですよね。
どうして、無料なのに遣わないのかなぁ・・・と。


だって、市役所の電話をSkypeに変えれば月額数百万円の通信費とか全部無料で済ませることができるのに・・・。


そんなSkypeですが、この10月に米マイクロソフト、独Skype社買収を完了というニュースが。
これで期待したいのが、WindowsPhoneシリーズへのSkype標準装備ですね。
WindowsPhone同士なら通話が無料で!となりますから。
デファクトスタンダードとしてMicrosoft社に是非頑張って欲しいところです。





 ○ タブレットも秒進分歩    
Androidタブレットainol NOVO7 Advancedが予約開始になっております。
お値段、12,980円(税込)。
これとおんなじものを日本で買えば、50,000円近くボられるんですが、流石は中国です。
凄まじい進化速度を見せています。半年前に買ったタブレット端末が霞んでしまいますね。


タブレットも日進月歩ならぬ秒進分歩です。
世界はドンドン高速で使いやすいタブレット端末を出してきておりまして、しかもそれがムチャクチャ安いんです。
私も一時、東大阪市で中小工場が集まって東大阪タブレットを作ったらどうか?と述べてましたが、そんなレベルじゃないんですね。
こっちがそれを実現させるのに半年~1年かかるところを、中国の深センでは3日でやってしまうみたいです。
しかも恐ろしく低価格で作ってくるので太刀打ち出来ない状態です。


そしてLenovo/聯想集団(中国)もIdeaPad Tablet A1を投入してきました。
市場価格は15,000円。
凄まじい速度です。
これにも大きな期待がかかっていますね。




 ○ 世界のスマートフォン   




1位 Apple(アメリカ) 23.09%
2位 Samsung/三星財閥(韓国) 16.48%
3位 HTC/宏達国際電子股份有限公司(台湾) 15.50%
4位 RIM/Research In Motion Limited(カナダ) 11.05%
5位 Motorola(アメリカ) 10.70%
6位 LG/ラッキー金星(韓国) 9.14%
7位 Huawei/華為技術有限公司(中国) 3.05%
8位 Nokia(フィンランド) 2.41%
9位 三洋電機株式会社(日本) 0.57%
10位 京セラ株式会社(日本) 0.56%
11位 SonyEricsson (スゥエーデン) 0.53%
12位 その他企業 0.48%
13位 Pantech/パンテック&キュリテル(韓国) 0.34%
14位 KDDI(日本) 0.25%
15位 Sony(日本) 0.20%


今後のスマートフォン戦争は、アメリカ VS 韓国になっていきそうですね。
アメリカも殆どがApple社一強体制なので、群雄割拠している韓国のほうが安くて高性能な端末の安定供給に向いているのでしょう。
特に、Samsung社(韓国)のGalaxy Noteに期待している私としましては、高スペック&安価なスマートフォンがドンドン出てくれることを望みますね。
低スペック&高価な日本製スマートフォンが駆逐されていくのは致し方ないことです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
川口やすひろ
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/05/21
自己紹介:
若者から東大阪を変えていく!地域の為、国の為に東大阪市政を目指して活動する32歳、川口やすひろのブログ

【連絡先】
事務所電話:05058489605
事務所FAX:02046679016

Facebookで日々の出来事つぶやき中!
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 29
30
ツイッター
バーコード
アクセス解析
   
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 川口泰弘オフィシャルホームページブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]